トロトロちーづのパソコンブログ

最新パソコン・ガジェット情報やネットニュースについて独自に語っていくよ

【オリンパスとは?】シーズン5まとめ【APEX】

バンガロールさん貴方全く変わらないわネ?

大人気バトロワFPS『Apex Legends』のシーズン5が一区切りついたのでそのまとめ。

ゲームプレイ的なところと、ストーリー設定的なところをそれぞれまとめてみました。

今シーズンはかなり新要素が多かったので楽しかったですな。

 

 

 

 

ゲームプレイのまとめ

大幅なマップ改変

初期からのマップ、キングスキャニオンが大幅改変。

激戦区の代名詞だった「スカルタウン」の消滅と、大規模施設の複数追加。

総じて、激戦区を分散させたい運営の意図が見えました。

レジェンドの調整も相まって、ゲーム序盤でチームがめっちゃ減る展開が少なくなりましたね。終盤の安全地帯に10チーム残存、なんてことも珍しくないイメージ。

チャージタワーや保管庫等の新要素も増えました。

ワールドエッジの調整はほぼ無かったと記憶していますが、シーズン終盤の現在、結構大規模なマップ改変の予告演出がされているので、次回シーズンに期待。

レジェンドのリワーク・調整

新レジェンド「ローバ」の実装に始まり、シーズン中盤では多くのキャラに調整が入りました。「ローバ」は微妙、というところで落ち着いてしまったので、次シーズンでのアッパー調整に期待。

ミラージュ」と「ライフライン」に関してはアッパー調整を兼ねたリワークが施されました。どちらもよりキャラクターの設定がよく反映されたリワークになった印象。強いかは知らない。

環境に激震を与えた調整としては「パスファインダー」や「レイス」から戦闘における機動力が奪われた点。一概に弱くなったわけでは無いけれども、サービス開始から使用率上位にいた2人の使用感が大幅に変わったのは衝撃でしたね。「ミラージュ」は知らない。

前シーズンに引き続き、驚異的なアッパーが入り一気に環境に食い込んできた「レヴナント」。漁夫やダメージ稼ぎ、波状攻撃に迎撃にと、距離制限が無くなったウルトはまさに死神の如く。バランスが取れているのかはともかくとして、ゲームに緊張感が生まれた今の環境は嫌いじゃない。

その他のレジェンドにも細々と調整が入ってますが、タイトル画面にもいるバンガさんは現在鋭意調整中だそうです。待て続報!

装備調整

レジェンド調整ほどではありませんが多少調整が入りましたね。

大きいのはショットガンの「ピースキーパー」と「マスティフ」が入れ替わったこと。PKは微強化が施されてケアパケ限定武器に。マスティフはナーフされて通常武器になりました。役割は近い武器ですが、やはり大幅に変わった使用感に戸惑ったプレーヤー、もといゲームプレイの刺激になった印象。

また、純粋なナーフとして「ハボック」が暴れ馬に。より玄人向けな武器になりましたね。

次シーズンではグレポン系武器やSMGエネルギー武器が来るなんて噂もあるので楽しみですね。

ストーリーのまとめ(※ネタバレ注意)

ローバの思惑

親の仇である「レヴナント」の本体、「ソースコード」の在り処を求めて、APEX運営にも近い「ハモンド」社の依頼を受ける。

f:id:torotoro_cheese:20200801001923p:plain

半ば脅迫にも近い形でレジェンドたちの協力を得つつ依頼を完遂。「ハモンド」との取引へ向かう。

レヴナントの思惑

サイボーグに改造された挙げ句、3世紀以上「ハモンド」の暗殺者としてこき使われ、死ぬことも許されない「レヴナント」にとって、「ソースコード」まであと一歩迫った「ローバ」はまさに希望の光。

口も悪いし人相も悪いので嫌われがちですが、「ローバ」を援助することを約束します。

その他レジェンド達の動向

ジブ

いいヤツ。心広すぎ。

オクタン

IQ3。

ライフライン

IQ3が心配。

ガスおじ

才媛ワットソンに変な虫がつくのを嫌がっている。

クリプト

31歳。ガスおじに裏切り容疑を着せられる。

隠し要素で行方不明になっていた幼馴染「ミラ」の生存が判明。

ミラージュ

「31?俺より年上かよ!」

ワットソン

技術者としてクリプトと仲良くなったがガスおじの暗躍で人間不信に。

 

バンガロール

尖りまくってたローバに対しても、職業軍人としての誇りからか「守らなければ」と動く。

過去作品「タイタンフォール」シリーズでは悪どい敵勢力として描かれた「IMC」軍の所属ですが、彼女は誇り高い軍人として描かれています。

そんな彼女ですが、サービス開始からの古参でありながら、今シーズンのストーリーを経てもキャラクター設定の謎があまり解消されなかったキャラです。

 

アッシュ

タイタンフォール2」から客演。

TF2」主人公の敵対勢力、「IMC」傘下「APEXプレデターズ」の傭兵として登場した人造人間ですが、今回のクエストではスクラップになって登場。

彼女の設定として「過去の記憶が無いため、自分のルーツを探している」というものがあり、今回のクエストで「ハモンド」製であることが示唆されたので、そこらへんの掘り下げもありそう。

 

次シーズンへの伏線

エストエピローグにて、復元された「アッシュ」によって「オリンパス」なる場所の存在が明かされました。

オクとライフラインの会話から「オリンパスは俺達の故郷」と判明。

同郷である2人の出身はこれまで「惑星プサマテ」とされていたので、「オリンパス」は都市、もしくは地域の名前だと思われます。

また、「プサマテ」といえばコレ。

f:id:torotoro_cheese:20200801004738p:plain

「ソラス」から「プサマテ」へ転送と書かれている

ローバが「ソースコード」を発見した際、「プサマテ」へと逃れたことが確認できます。ローバもそれくらいは確認していたはずです(が、普通に惑星1個まで絞れてもしょうがないけどな)。

さらにさらに、ローバの両親が殺されたのは、件の「オリンパス」にある「テンメイ」というレストランであることが分かっています(めっちゃ寿司食ってるように見えるので、おそらく由来は「店名」)。

f:id:torotoro_cheese:20200801005743p:plain

「野郎が盗んだのはコイツの一族の10倍の値打ちモンだ!ヤツの頭を✕✕の盛り合わせにしてくれ!」とのこと。

まぁこの場面は、自分を人間だと勘違いしているレヴナントの視点なので、ここらへんの些末な情報はアテにならないんですけどね。しかし事件現場は「オリンパス」で間違いなかろう、と。

こんなカンジで点と点がつながってきたカンジですね。

 

「APEX」の開発はコロナの影響もあってかなり遅れているそうですが、Respawnは「APEX」開発の専門スタジオをこないだ発足したので、新マップで「オリンパス」が実装される可能性は非常に高そう。

もしそうなれば、ローバとレヴの物語は一段落すると思われます。

また、オクとライフラをメインとした新しいストーリーラインも始まりそう。ワタクシのお気に入りは「オクタン」なので、ヒジョーに楽しみですな。

 

ワタクシのオススメデバイスはコチラ!

torotoro-cheese.hateblo.jp

torotoro-cheese.hateblo.jp